【免疫力アップ】 しょうがで体温があがる効果的な方法

しょうがで体温をあげる

スポンサーリンク

体温と免疫の関係

“近年では、運動不足による筋肉量の低下やストレスなどの原因によって、一昔前と比較して低体温の人が増えています。体温が低くなると代謝や免疫力が落ち、美容や健康に様々な悪影響を及ぼしてしまうので、適正な体温に上げることが大切です。
体温を上げる為には、ウォーキングやストレッチなどの運動で筋肉量を増やすことが大切ですが、毎日の食事で熱をつくり出す成分をしっかりと取り入れることも重要なポイントとなります。低体温は免疫との関わりもとても大きく、放っておくといろんな病気を発症してしまう可能性があります。

お手軽で優秀なしょうが

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

身体を冷やしてしまう寒性食品を避け、熱をつくり出す熱性食品を積極的に食べることがおすすめですが、その代表的な食品として挙げられるのがしょうがです。

しょうがは様々な料理に使える食品である為、毎日の食事に取り入れやすい点が魅力ですが食べ方によっては効果が得られないこともあるので、しっかりと効果を上げる方法で食べることが大切となります。

しょうがは加熱で効果UP

しょうが 効果

しょうがによる体温上昇の効果を上げる方法として重要なポイントは、加熱や乾燥処理をした上で食べるという点です。生のしょうがを食べると、血行を促進するジンゲロールという成分の働きによって身体がポカポカと温まるので、体温上昇に効果的であると思われがちですが、それは表面的なもので、実は身体内部の温度は下がってしまうという一面があります。

一方、しょうがに加熱や乾燥の処理を施すことで得られるショウガオールという成分には、身体を芯から温めてくれる効果が期待できます。体温を上げることを目的にしょうがを食べる場合は、生のままではなく加熱や乾燥をしたものを食べましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加