生姜は皮をむいてから食べるの?しょうがの簡単な剥き方とは?

寒い冬の飲み物

寒い季節には体が中から温まる生姜を食べたくなりますよね。特に冷え性の人からの人気が高いのではないでしょうか。そんな生姜ですが、チューブよりも生の生姜から調理して食べた方がより効果が高いことが知られています。しかし生の生姜を食べる際、皮は剥いた方が良いのか剥かない方が良いのかという疑問を抱えている人が多いようです。

そこで今回は、生姜の皮は剥いた方が良いのか剥かない方がいいのか、剥くとしたらどのように剥けばいいのかなどについてご紹介します!

スポンサーリンク

生姜は皮をむいてから食べるの?むかなくていいの?

農薬

実際のところ、この疑問は考え方によって答えが違ってきます。危険性で考えると、皮は剥いた方が安全です。なぜなら、生姜の皮には栽培のときに使用した農薬が付着している可能性が高いからです。全ての生姜が農薬に汚染されているわけではありませんが、生姜は一般的に農薬を使用して栽培される場合が多いようです。一方で生姜の皮には栄養面で良い部分もあります。生姜の皮のすぐ裏側にはジンゲロールと呼ばれる成分が豊富に含まれており、血管拡張作用や抗酸化作用があります。ですので、ジンゲロールは冷え性の人にピッタリの成分になっています。

もし無農薬と記載されている生の生姜であれば農薬に汚染されている心配がありませんので、その場合は生姜の皮を剥く必要はありませんが、もし記載されていない場合には念のため皮を剥いた方が安全です。

生姜のむき方

生姜剥き方

では、生姜はどのように皮を剥けば良いのでしょうか?包丁やピーラーを使えばいいのでは?と考えてしまいがちですが、包丁やピーラーでは余分に切りすぎてしまい生姜が小さくなってしまいがちです。これではジンゲロールの摂取量も減ってしまいますよね。そこで最近ではスプーンで生姜の皮むきをするのが流行っています。スプーンを使えば少ない労力で皮を剥くことができます。力を調整すれば皮の剥く量を最小限にすることもできるでしょう。また刃物を使わないので子供に手伝ってもらうこともできます。自分で剥いた生姜を食べるのは良い経験になること間違いなしです!

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は生姜の皮は剥いた方が良いのか剥かない方が良いのか、剥くならどのように剥けばいいのかについてご紹介しました。まさか皮に農薬が付着している可能性があるとは驚きでしたね。もし生姜の効果を100%引き出したい場合には無農薬の生姜を皮つきで食べるのが良いでしょう。それではみなさんも生姜をおいしく食べて体を温めましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加