ダイエットだけじゃない!しょうが湯の効果と作り方

しょうがダイエット

最近は何かとダイエットに効果的なものが紹介され、その中でもしょうがは新陳代謝を上げることで脂肪の燃焼を良くすることから、しょうが湯を飲んで痩せるという話が多いようです。

スポンサーリンク

風邪予防・冷え性、免疫力もUP

しょうが湯レシピ

しかし、昔からしょうがは体をぽかぽかと温めることができるとして有名な食品で、風邪の予防や治療にも利用されています。しょうがにはショウガオールとジンゲロールと呼ばれる成分が含まれており、ショウガオールには血液をサラサラにすることで、血液の循環を良くし、ジンゲロールは免疫細胞のひとつ、白血球を増加する働きがあるため免疫力の向上に役立ちます。

しょうがはスライスして料理に入れることでも効果がありますが、より効果を上げる方法としてしょうが湯での摂取が良いようです。

すごく簡単にできちゃう作り方

しょうが湯の効果

作り方はとても簡単で、しょうがをすり下ろしたものをマグカップに入れお湯に溶かし、砂糖やハチミツを入れるだけで出来上がりです。少量の片栗粉を入れてとろみをつけると、より体が温まりやすくなるのでおすすめです。その他にもレモン汁やゆずなどのシロップを混ぜて香りや味付けをすると飲みやすくなるので、子どもの風邪のときでも飲ませることができます。

しかし、摂取しすぎると効能が強すぎるためか、めまいやのぼせ、肌荒れや胃痛を起こすことがあるので、理想の摂取量と効果として1日に10g以下を目安に飲むようにしましょう。しょうが湯は非常に効果のある飲物ですが、医薬品のような即効性はないので、毎日欠かさず適量を飲むことが大切です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加