ココア、紅茶などにいれる生姜は生とチューブで効果に違いはあるの?

shutterstock_524175583

生姜をいれた紅茶や生姜ココアは、体を温めるドリンクとして多くの方に愛用されています。レシピを見ると、生の生姜を使っているものもあれば、チューブの生姜を使っている場合もあります。どちらを使ったとしても、生姜本来の効能があればいいのですが・・・。

毎度毎度、すりおろした生姜をドリンクに入れるのも面倒な作業です。手軽なチューブで済むならこれに越したことはありません。そこで、今回は生の生姜とチューブの生姜の違いやチューブ生姜の効果、生姜パウダーの効果などについてご紹介します。

スポンサーリンク

生の生姜とチューブ生姜の違い

100

チューブ生姜の特徴は、価格が100円~200円と安いことです。生の生姜と同じくらいの価格でありながら、皮をむいたりすりおろす手間がいりません。冷蔵庫に保管しておけば簡単、便利に使うことができます。

ただし、安いということは原料となる生姜も外国産の安いものを使っています。また、ある程度保存がきかなければならないので保存料や防腐剤などの食品添加物を使用しています。

チューブ生姜は、保存料や防腐剤の他にもでんぷんやデキストリン、酸味料や香料などいろいろなものが入っていますので、肝心の生姜よりも添加物の方が多くなっているのです。

食品添加物は、食品の製造過程で加工・保存の目的で使用されるもので、国が化学的に安全性を認めたものしか使うことができません。市販されているチューブ生姜は、厚生労働省が安全性と有効性を認めたものですから健康を損なう心配はありません。

ただ、保存料の中には体を冷やすものもあり、生姜で体を温めようと考えていると効果が期待できないこともあります。

一般的には、食品添加物をつかっていると風味が持続し保存性を高めるので、廃棄などの無駄はなくなります。逆に、保存が伸びることで衛星管理がおろそかになることもあるのです。そして一番の問題は、人工的に作られた食品添加物を摂り過ぎると味覚障害になりやすいことと、腸内環境が崩れやすくなることです。摂り過ぎには注意が必要ということになります。

ココアや紅茶に入れた場合、生の生姜とチューブの生姜の効果に違いはあるの?

生姜ティー

チューブ生姜は、いろいろなものが配合されている分、生姜の配合が少ないので効果も薄くなります。しかし、チューブ生姜は持ち運びが簡単にできるため、ちょっとココアや紅茶に入れたいという時に代用することはできます。生姜の効果は期待できませんが、手間を省く効果はあるのです。

ところが、生の生姜の場合でも、飲む直前にすりおろした生姜を使わなければ十分な効果がないのです。すりおろしてしばらくすると、生姜に含まれるジンゲロールという健康成分は半減してしまいます。さらに時間が経ち、生姜が赤く変色してしまうと効能はなくなってしまうのです。

このジンゲロールという成分は、加熱されることでショウガオールという体を温める成分に変化していきます。熱い紅茶やココアにすりたての生姜を入れると、ショウガオールが増えていき保温効果がますます高くなっていくのです。

しかし、チューブ生姜の場合は 作られてから時間が経過しているので生姜成分の効果は期待することができません。生の生姜の代用はできますが、効果はあまり期待しないことです。

生でもチューブでもなく、ウルトラ生姜パウダーでも便利

生姜パウダー

生姜の効果・効能の中心となる成分がショウガオール(体を温めてくれる成分)とジンゲロール(免疫力を高める成分)です。そして、ジンゲロールは加熱されるとショウガオールに変化していきます。そのため、温かいドリンクや料理に生姜を使うと、生姜の保温効果がさらにアップしていくのです。

実は体の冷えにきくのは生の生姜より乾燥させた生姜というのをご存知でしたか?

生姜のジンゲロールは乾燥させることでショウガオールに変化するのです。ショウガオールは手足だけでなく体の芯から温める効果があり、乾燥させた生姜は体の芯からポカポカと温かくすることができるのです。冷えを改善するなら乾燥生姜です。

昔から乾燥させた生姜は、乾姜(カンキョウ)と呼び生薬として漢方薬で使われていました。現在は、乾燥させた生姜は生姜パウダーとして販売されています。生姜パウダーは体を温める成分が強いので、少量のパウダーでも効果が期待できるのです。

紅茶にはもともと体を温める効果がありますし、ココアに含まれるポリフェノールは腸内環境を良くする働きがあります。そこにウルトラ生姜パウダーを加えると、体を芯から温めさらに腸内環境を整える最強ドリンクになるのです。ちょっと甘味を加えたいときには黒糖かハチミツを入れることでさらに栄養価がアップしていきます。

まとめ

shutterstock_321498410

生の生姜とチューブ生姜、生姜パウダーの効果について紹介しました。店頭ではあまり販売されていない生姜パウダーは、利用されている方も多くないと思います。ネット販売が中心で1000円くらいからいろいろな商品があります。

手軽に利用でき効果も高いので ぜひ一度利用してみてはいかがですか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加