忘年会に新年会・・年末年始の二日酔い効くのは生姜と重曹?

二日酔いに効く生姜と重曹のイメージ

忘年会に新年会・・年末年始の二日酔いに効くのは生姜と重曹どちらでしょう。生姜とは一般的に知られている食材で料理やカラダを温める飲み物などに利用されています、重曹はあまり耳にされたことがない方も多い物です。

重曹は主に料理や掃除などに利用される成分で炭酸水素ナトリウムになります。生姜に含まれる成分と重曹の成分がつらい二日酔いに効果があると言われています。

スポンサーリンク

二日酔いはなぜおこる?そのメカニズム

二日酔いで辛そうな人のイメージ

お酒を大量に飲むとなぜ、二日酔いは起こるのでしょう?そのメカニズムを解説します。

① お酒に含まれるアルコールの分解に深く関わりがある

アルコールを分解する過程でアセトアルデヒドの成分が分解されず、体内に残ってしまうと頭痛やめまい、吐き気が起こる症状

② アルコールが体内に残っている場合に起こる

アルコール自体が体内に残っていると「ふらつき」や「ろれつが回らない」、など酔っ払い症状が残る

③ アルコールの特徴にヒントが隠されている

アルコールは胃酸の分泌を増加させ、胃酸過多の状態が起こり、吐き気や食欲不振、下痢など二日酔いの症状が現れる

生姜と重曹水をのむと二日酔いに効く?その理由と飲み方

生姜と重曹水の飲み方イメージ

二日酔いの場合は生姜と重曹水を飲むと効果的と言われています。理由と飲み方を解説しましょう。

① 二日酔いの生姜の効果には

生姜にはカラダを温める効果が高く、数多くの症状の予防に利用されています。カラダを温めることにより代謝が高まり、胃の中の水分を排出されやすくなります。

② 二日酔いの重曹の効果には

重曹は弱アルカリ性なのでアルコールで高まった体内の酸性度を低減させる働きがあり、消化不良や胸やけなどを解消してくれます。

③ 生姜と重曹水の飲み方には

二日酔いの場合は重曹大さじ1杯を水200mlに入れ、お好みに合わせ生姜(チューブも含め)を加えます。生姜や重曹の量は気分が悪くならない程度で抑えて置きましょう。

生姜と重曹水は自分に合った適量を

生姜と重曹水・飲み会イメージ

忘年会に新年会・・年末年始の二日酔いに効くのは生姜と重曹どちらも効果が期待されています。二日酔いになる前に一度、生姜と重曹水を作り自分に合う適量を調べておくと良いでしょう。

特に生姜は普段食べる機会が多い食材ですが、重曹水を飲んだことがない方には抵抗がある場合があります。生姜や重曹自体にはアルコールを分解する働きはありません。自分の体調や体質により効果は異なります。不安がある方は一度、医師や薬剤師に相談してみるのも良い方法です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加