利尿作用もアップ!ごはんに合うしょうが料理

しょうが 利尿作用

しょうがには血行を良くして、身体を温める効果があるほか、胃腸に対する刺激で消化器官を促進させたり、発汗作用や循環機能を活性化することによるデトックス効果などが期待できます。

スポンサーリンク

おいしい生姜料理のメニュー

おいしいしょうがレシピ

そんなしょうが料理にはさまざまなレシピがあり、ごはんに合うものもたくさんあります。
やはり一番人気なのが定番のしょうが焼きが上げられます。豚のロース肉に生姜のすりおろし、砂糖少々に酒や醤油、みりんにつけて焼いただけの簡単料理ですが、好きな人も多い料理です。中華料理を作る時などもポイントとなる食材で、ニンニクと一緒に炒めることで味わいが増します。

野菜と一緒に合わせるのも美味しく食べることができます。おろしたしょうがに砂糖とお酢、醤油とサラダオイル、塩を混ぜたら、素焼きにしたオクラとタレを混ぜてマリネにしたり、玉ねぎをごま油で炒めてコンニャクを加え、生姜や酒。醤油、砂糖、みりんと混ぜていく炒め物などもおすすめです。

すごく体があたたまる!しょうがを使ったスープ

しょうがの効果

スープにしても合う食材で、炒めたタマネギと生姜をコンソメで煮込んだスープは身体を温めるのに最適です。厚揚げを焦げ目がつくまで焼いたものに、おろし大根とおろししょうがを乗せ、醤油をかけるのもあと一品欲しい時などおすすめのレシピになります。

しょうがを使ったレシピはたくさんあります。からくてしょうがは苦手だという感想を持つ人でも美味しく食べることのできる料理があると思います。健康にも良い効果のある食材のため積極的に摂取してくことが良いとされています。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加