親ショウガ、種生姜とは?

shutterstock_522041263

親ショウガ、種生姜とは生姜を新たに栽培する時に使用されます。生姜はショウガ科に属し多年草の植物です。一つの生姜で多くの生姜が収穫できます。

スポンサーリンク

親ショウガと種生姜ってなにが違うの?

親ショウガと種生姜ってなにが違うのでしょうか。

① 親ショウガとは何に利用される生姜でしょうか。

親ショウガとは種生姜の収穫を終えた生姜のことを呼びます。

② 種生姜とは何に利用される生姜でしょうか。

種生姜とは生姜を栽培する時に植える生姜のことを指します。

③ 親ショウガと種生姜の違いはなに!?

親ショウガと種生姜の違いは特に無く、親ショウガの方が辛味が強いと言われます。親ショウガは貯蔵期間が通常の生姜より長く、一年後でも食べることが出来るので希少価値が高いです。また親ショウガの数も限られているので加工品に回されるのではとも考えられています。

収穫された生姜の1割が種生姜に

スーパー

収穫された生姜の1割が種生姜に回されると言われています。

① 種生姜は一般的に市販されている?

種生姜は一般的には市販されておらず、スーパーなどでも見ることはありません。生産者の方で種生姜を収穫し次の生姜の栽培の準備を行います。

② 種生姜はどのような生姜でしょうか。

種生姜は一般的に食べられている生姜と同様の物になります。種生姜は食べることも出来ますが、新たな生姜の栽培に必要な種の役割がある生姜です。

親ショウガは売られているの?食べられるの?

女性、イエス、ノー

親ショウガは売られていて食べられるのでしょうか。

① 親ショウガは一般的に市販されているのでしょうか。

親ショウガは一般的なスーパーや小売店では市販されていません。主に生姜の生産者のみ収穫できる生姜で1年以上の希少価値があります。

② 親ショウガは食べられるのでしょうか。

親ショウガは通常の生姜のように食べることが出来ます。通常の生姜は収穫までに1年未満の期間、土の中で育ちます。親ショウガは通常の生姜を収穫するまで土の中にあります。

親ショウガが育つまでの1年未満の期間と生姜を育てる期間も含めると1年以上、土の中で暮らします。その為、通常の生姜より辛味が強いとも言われています。生姜を育ち終えた親ショウガは数も少なく加工品に利用されます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加