【しょうがの栽培方法】プランターで簡単に育てる方法

しょうが プランター

しょうがは数々のビタミンを含んでいることや、マグネシウムやカルシウムなども含まれていて、辛み成分によって血行促進などを行うことができるので、新陳代謝を活発化させることに向いている植物です。しょうがは一般的にはスーパーマーケットなどで購入したものを料理に使うことを行っている方が多いものでしょう。しかし、家庭内でもプランターで簡単に育てられるものとしても知られていて比較的簡単に成長させることができます。

スポンサーリンク

プランターで栽培!しょうがの育て方

しょうがの育て方

しょうがの育て方で、プランターを用いる方法では、3月の末頃から5月の上旬にかけて植え付けを行うことが良い方法です。基本的には20センチ間隔で植え付けを行うことが良いとされているので、例えば60センチの長さのプランターを用いた場合では3つを植えることができます。大きな苗の場合では切り分けを行って植える方法もあり、日光などに当てて十分に温めた状態から植え付けを行うこともおすすめでしょう。

土は一般的な培養土を用いる方法で問題なく育てることができますが、注意点としては湿度を保つことと同時に高温を好む性質を持っているので、暖かい場所でしっかりと水やりを行うことが大切です。

しょうがの家庭菜園、肥料のあげかた

家でしょうがの栽培

最初の段階ではビニールシートを用いて表面を覆う方法も効果的になり、ある程度の芽が成長した場合では、時肥料や土を用いて増していく方法で上手に育てることができます。しょうがの場合では夏の季節には葉しょうが、秋の季節には根しょうがを収穫できるので楽しみながら成長させることに向いている植物でしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加