しょうがはうつやストレスにも効果がある

しょうが ストレス

近年はストレスによってうつ病を発症する人が多いと言われ、気分の落ち込みから仕事だけでなく何事にもやる気が起きず、消極的になって自分が嫌になって辛いになって辛いという人が多いようです。

スポンサーリンク

「精神が安定する」しょうがが効くワケ

しょうが うつ病

精神的な問題のため、大抵は病院に通ってカウンセリングを受け、専用の飲み薬を飲むような日々となるのですが、薬に頼りたくない、自分で治したいという人はしょうがを試してみるのがオススメです。しょうがには体を温める作用があり古来からノイローゼなどの精神的な病にはしょうがが良いと言われ、漢方でも利用されてきた実績があります。

うつ病の人は低体温の人が多く、体を温めるだけでも効果があるため血行を促進させることで冷え性などを改善できるしょうがは大きな手助けとなってくれます。特にうつ病の人は精神を安定させる神経伝達物質のセロトニンが不足していると言われており、通常は向精神薬などで増やすようにするのですが、食品からでも分泌量を増やすことが可能です。

しょうがとセロトニンの関係

しょうがの作用 効能

しょうがは体内で合成するために必須な栄養素を持っており、積極的に摂取することでセロトニンを増やして精神を安定させてくれます。また、同様にアドレナリンの分泌を促進させることから、気力を高めることができ、これらの作用によって気分の落ち込みを改善します。

こうしたしょうがの効果がうつに効く理由となっており、実体験やクチコミなどでも効果があったという報告がされています。ストレスが溜まっていたり、気分の落ち込みが激しいときは、しょうがを使った料理を食べて体を温めると良いでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加