効果がすごい!酢しょうがの“残った液”で作るおいしいレシピメニュー

しょうが酢 レシピメニュー
冬は体の老化が加速する季節で【老化を防止する方法】が酢しょうがです。 しょうがの辛味成分には、指先など末端の血管を開き血流を良くする働きがあり、酢に含まれるクエン酸やアミノ酸は血液が濃くなることを防いで血流を良くする働きが期待できます。

スポンサーリンク

酢生姜は加熱するとより効果的

f0a0f7cd8c5ff150835a6192e81e526f_m

酢しょうがにはコレステロールを下げることができるため、肥満予防や免疫力のアップ、血管の若返りなどの効果があるのです。 酢しょうがは、そのまま食べたりあまった液まで全部使えます。酢しょうがに使用する酢は米酢、リンゴ酢などでも良いですが最も代謝を上げる効果があるのはミネラルやビタミンが方豊富な黒酢です。

1日大さじ山盛り1杯を、朝昼晩など1日に数回に分けて食べます。体温を上げることも可能な酢しょうがですが、冷え性の改善に利用する場合には、天日干ししたしょうがや加熱や蒸したしょうがを使うとより効果を得ることができます。

酢しょうがのアレンジ方法

酢しょうがのレシピ

酢しょうがはそのままご飯にのせて食べたり、千切りにしてスープに加えたり、天ぷらの衣にみじん切りした酢しょうがを混ぜると天ぷらがさっぱりと美味しく食べられます。あまった液で作るレシピでは、ドレッシングがあります。酢しょうがのあまった液を大さじ2、豆乳大さじ2、白みそとマスタードを大さじ1を混ぜ合わせます。これをキャベツなどにかけるだけでマヨネーズを使わずにコールスローを作ることができます。

また酢しょうがのあまった液と蜂蜜を1対1の割合でグラスに入れて、熱湯を注いで輪切りのレモンを浮かべるとジンジャーレモンが作れます。ジンジャーレモンであれば、手軽に毎日酢しょうがを摂取することができます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加