こんなに効く!しょうがの効能と効果的な食べ方

しょうが 効能

冬の冷え症対策にしょうがを摂る方が多くいらっしゃると思いますが、より効果的な摂り方がある事はご存知でしょうか。しょうがの効果や効能はたくさんあって、体を温めたり、風邪の予防やさまざまな健康管理に有効とされています。

スポンサーリンク

こんなに効くの?しょうがの効果

しょうがの成分
生姜の効果・効能として代表なのが、ショウガオールという成分です。ショウガオールは、血行を良くして体温を高め、代謝を良くし、深部から熱を作り出す働きがあるため、身体を芯から温めて持続させる効果があります。

つまりショウガオールには冷え性を改善する成分が含まれています。このショウガオールをより効果的に摂るためには、生しょうがよりも乾燥しょうがの方が良いとされています。生のしょうがにはジンゲロールという成分が多く含まれていて、発散発汗作用を促すため、風邪の症状を軽減する作用や、解熱作用があるので、かえって体温を下げてしまうことになってしまいます。

しょうがの使い方

乾燥しょうがの効き目

乾燥しょうがの作り方はしょうがをスライスして天日で乾燥させるだけなので簡単に作れます。利用方法としては、お好みでスープや味噌汁、魚の煮つけ、お茶漬け、雑炊等や紅茶や美潤茶等にそのまま入れて使います。

お湯呑に乾燥しょうが、砂糖、はちみつあとはお湯を入れるとしょうが湯になります。また乾燥しょうがには脂肪を分解してくれるのでダイエットにも最適です。冷え性を改善させたりダイエットには乾燥しょうが、風邪を治すには生しょうが。しょうがを用途によって使い分ける事で、効果的な摂り方をしましょう。”

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加